BLOGブログ

2020年02月14日

ブログ

こんにちは、SHIBUYA整骨院です。

今回は運動と姿勢の関係性についてです。
一般的に「運動は健康に良い」という常識はありますが、
その前提として必要な筋力をしっかりと付けたうえでバランスの取れた良い姿勢で行う必要があります。

運動の種類にもよりますが、姿勢に歪みがあったり必要な筋力が足りていない状態で無理な運動を続けてしまうと、
筋肉・関節に過度な負担が加わり怪我に繋がります。
そのまま適切なケアをせず放置してしまうことで更に骨格や姿勢への悪影響も出てくるのです。

例をあげると、女性に多く見られる骨盤が前方に押し出されている「反り腰」の方は、
日常の走ったり着地する動作でも膝を非常に痛めやすいと言われています。
下半身や足回りの筋肉をしっかりつけている方であればある程度負担もカバーできますが、
そうでない場合は腰で支えられない体重が膝に圧し掛かってくるので最終的には膝関節の変形まで状態が悪化していきます。
完全に変形しO脚になった膝は歩くたびに痛みが出るうえ、手術でなければ改善できません。
高齢女性に非常に多くみられる症状なので、女性の方は若いうちから下半身のトレーニングや骨盤を中心とした姿勢の維持を意識していくことが予防として大切です。
男性でも、今後ダイエットや健康のための運動を考えている方は、是非一度姿勢や負荷のかけ方も考えてみてください。

また、そうしたトレーニングで疲れたお身体のケアや運動のサポートは当院SHIBUYA整骨院へお任せください。
万全の状態で運動出来るよう、お身体に合わせた治療を行い、患者様のスタイルに合ったトレーニングの進め方をお伝えしていきます。
どなた様のご来院もお待ちしております。
SHIBUYA整骨院

CONTACT

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせはこちら

03-6712-7802